勤労市民会案内

会長あいさつ

会員の方々のつながりや絆を大切にしてまいります

     
    
ごあいさつ


20160603075523.jpg
  枚方市勤労市民会にご加入いただいている会員の皆様には、日頃から本会の福利厚生サービスをご利いただくとともに、会の運営に対しましてもご支援ご協力をいただだき、誠にありがとうございます。
 枚方市勤労市民会は、1973年(昭和48年)に前身の勤労市民互助として創設され、2006(平成18)年からは特定非営利活動法人(NPO法人)枚方市勤労市民会として、枚方市の支援を受けながら、45年以上にわたって市内の中小企業や個人商店で働く人たちの福利厚生の充実のために取り組んでおります。 お値打ちな会費で様々なサービスを提供させていただくことで、中小企業の従業員の皆様の福利厚生の向上や心身のリフレッシュにお役に立てればと、日々活動しております。
 景気は緩やかに回復傾向にあるというものの、少子高齢化の進行などにより、働き手は不足し、市内中小企業の多くが人手不足という大きな悩みを抱えております。
 働き方改革が叫ばれ、若い世代の労働に対する価値観が変化する中で、中小企業で働く従業員の皆様への福利厚生の充実は、事業主の皆様にとって雇用確保という面からも重要になってきていると感じております。
 今後も会員の皆様のお声をお聞きかせいただき、各種制度や事業がより魅力的で使いやすいもの
となるよう充実に努め。福利厚生をしっかり支援させていただきたいと考えております。
 合わせて、より多くの皆様にご利用いただき、お役に立てるよう積極的な宣伝PR活動で会員の拡大を図っていきますので、より一層のご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

 
  

  令和元年7月         
           特定非営利活動法人(NPO法人)
        枚方市勤労市民会 
                     会長  緒方 純子